FC2ブログ
        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

日光浴のススメ

2014/ 06/ 11
                 
sunlight.jpg






1 日光浴はセロトニンを作り出す


日光浴をすればセロトニン神経は5分で活性化する。 20分から30分程度が好ましい。【セロトニン生活のすすめ】

お日さまセラピー セロトニン生活のすすめお日さまセラピー セロトニン生活のすすめ
(2006/05/16)
有田 秀穂






セロトニンとは、
脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。
ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用がある
セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどといった指摘もある
【healthクリック】



つまり、精神を安定させる作用があるわけだから、我々人間にとってはとても重要であることに違いはなさそうだ。
まだ完全に証明されたわけではないが、『セロトニン不足はうつ病になりやすい』 可能性も否定できない。

以下、これがセロトニンの働きだ。


セロトニンの働き
(1)大脳皮質を覚醒させ、意識レベルを調節する。(爽快、集中力)
(2)自律神経を調節する。
(3)筋肉へ働きかける。
(4)痛みの感覚を抑制する。
(5)心のバランスを保つ。
(喜びや悲しみの感情のバランス)
   ドーパミン(快楽)やノルアドレナリン(不快)の機能を抑制し、平常心を保つ。【セロトニン生活のすすめ】














2 日光浴はビタミンDを作り出す


以下、Wiki より


日光浴の必要性
・人体の骨や歯の形成に必要なビタミンDを作り出す。
ビタミンDが不足すると骨や歯が弱くなったり疲れやすくなったりする。
ヒトにおいては、午前10時から午後3時の日光で、少なくとも週に2回、5分から30分の間、日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中への日光浴で、十分な量のビタミンDが体内で生合成される 。

・汗をかくことで、新陳代謝や体温調節といった機能を活発にさせる。

・日の光が脳の活動を引き起こし、体内時計の調節を行う。
  調節がうまくいかないと生活のリズムが乱れて慢性的な体調不良を引き起こす。
  自律神経の失調症などでも、適度な日光浴が勧められており、不眠症治療では戸外活動で定期的に日光浴を勧められる場合もある。



日光浴の危険性

・夏場のような強い日差しの中で急激に日光浴を行い肌を焼くと、肌が赤くなったり火ぶくれのようになることがある。これは火傷である。

・紫外線はシミや悪性の皮膚がんの誘発を起こす可能性がある。

・直射日光を目に受けると、視力が低下する場合もある。



日光浴の方法
強過ぎる日照は害になることから、ビーチパラソルなどで日陰を作ってその下で休む場合もある。
日差しが強い環境では、日陰でも光が反射して体に当たるため、特に乳幼児など抵抗力の弱い者ではそういった環境でも十分な日光浴が可能である。
過度の日焼けによる皮膚の負傷を防ぐため、サンオイルを使ったり、日向(ひなた)と日陰を交互に行き来する。
数日に分けて日光浴をするなどである。
これらの方法によって、肌が徐々に黒色に変化する時間を与え、紫外線から肌を守ることができる。
また、紫外線の量を計測する様々な機器も存在し、簡便なものでは腕時計に紫外線量計測機能を持ち、適度な日光浴ができるよう知らせてくれる製品も見られる。



日光浴で寝つきが良くなる へ



                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。