FC2ブログ
        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

睡眠障害チェックリスト

2016/ 11/ 09
                 
nemuru2.jpg




僕なりの睡眠障害チェックリストを作ってみました。
まずは、一般的なものから。


  4つの不眠

不眠は4つのタイプに分けられています。【All about】

■入眠障害……眠ろうと思って布団に入っても、30分~1時間以上、眠られない状態。

■中途覚醒……夜中に3回以上、目覚めてしまう状態。

■早朝覚醒……朝、起きようと思った時刻の1時間以上前に目覚めてしまい、その後は眠れなくなってしまう状態。

■熟眠障害……睡眠時間は十分なはずなのに、眠りが浅く、目覚めたときに熟睡感がない状態。


睡眠障害とは、入眠、睡眠に何らかの異常のある状態を指す。(Wikipedia)


入眠、睡眠に何らかの以上がある状態が睡眠障害というなら、
上記4つのうち一つでも当てはまれば、睡眠障害になってしまいます。




 
 答えは一つ



僕が個人的に思っていることは、
日中にしっかり覚醒していることが大切だと思います。


つまり、日中に頻繁に眠気が襲ってこなければ、中途覚醒があろうが、
早朝覚醒が起ころうが、それほど神経質にならなくていい
のではないでしょうか。

ですから、以下の一つの質問に集約されます。



日中、頻繁に眠くなりますか?


この問いに
 YES なら 睡眠障害
 NO  なら 特に問題なし

と考えます。


つまりあなたが仮に平均4時間の短時間睡眠だとしても、日中それほど眠くならなければ睡眠障害ではないのです。
(食後に眠くなるのは普通)
逆に、8時間寝ようが10時間寝ようが、日中だるくて眠くてしょうがない、であれば睡眠障害かもしれません。
(ティーンネイジャーを除く)





 
 タップリ寝なくてもよい




若い時は、目覚ましがなっているのも気づかずぐっすりと寝ていた。
それが今、中年になってぐっすり眠ることが少なくなった。

誰しもあることなのではないでしょうか。

眠りと言うのは、簡単に言えば脳と身体を休める行為

たとえば、年金生活者の場合。
脳も身体もそれほど使っていませんね、普通。
だから、あまり眠る必要もないのですよ。

40歳を過ぎたニートや子供のいない専業主婦にも同じようなことが言えます。

5時間くらいしか眠れなくなり、自分を不眠症と思い込み、心療内科に行って睡眠薬を処方してもらう。
飲まなくてもいい睡眠薬を飲むことにより、それこそ睡眠障害になりかねません。

だから、日中、穏やかに生活している人は、睡眠時間が少なくても気にしないことです。
タップリ寝たいのなら、肉体労働者になりましょう。





熟睡する基本
生活のリズムを整える へ







                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。