FC2ブログ
       

スポンサーサイト

--/--/--           

No image

寝る前にすべきこと

2014/06/13

睡眠障害トップ→熟睡のコツ→寝る前にすべきこと.熟睡するためには、寝る前にすべきことがあります。1 快適な環境にする2 ホットミルク、バナナを摂る3 寝つきを良くする方法を見つける  快適な環境にする快適な寝室にする熟睡するためには快適な寝室であることが重要です。夏は26~28℃、冬は18~23℃くらい。湿度は、50%前後が快適です。夜遅くなったら照明を消す就寝の1、2時間前には部屋を暗くしましょ...

               

自律神経を鍛える

2014/06/11           

No image

自律神経とは、自らが意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。汗をかいたり、ホルモンの分泌を調整したり、心臓を動かしたりするのが自律神経。活動的な交感神経と、休養するための副交感神経が相互にバランス良く働くことで、動いたり休んだりをうまくコントロールしているのです。(カラダカラ)この自律神経が狂っていると生活のリズムも乱れてくるでしょう。(生活が乱れることで自律神経が狂う...

日光浴のススメ

2014/06/11

1 日光浴はセロトニンを作り出す日光浴をすればセロトニン神経は5分で活性化する。 20分から30分程度が好ましい。【セロトニン生活のすすめ】お日さまセラピー セロトニン生活のすすめ(2006/05/16)有田 秀穂セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコ...

       

運動の効用

2014/06/11

運動には多くの効用があることが科学的に分かっている。以下、ドクターマーキンのフィットネス・クリニックQ&A運動は気分を爽快にする運動後の数時間、気分を高揚させてくれます。 長い時間激しく運動すれば、それだけ気分は高揚します。なぜ激しい運動のほうが気分を高揚させるのか、科学者や医者はまだ分かっていませんが、事実であることは認められています。運動は安眠をうながす精神的活動はいくらそれが活発であっても安眠...

       

日光浴で寝つきをよくする

2014/06/03

 現在僕は、アーチェリーを始めて半年になります。最近は平日に3時間、土日は5時間もやる時があります。射場まで自転車で往復1時間。つまり、最低でも4時間近く日光を浴びていることになります。そのせいか、とても寝つきがよいのです。寝つきが良いのと同様に寝起きもけっこう良い。夜中に起きることはほとんどなくなりましたね。そう言えば、ガードマンのアルバイトをやっている時も寝つきは良かったことを思い出しました。...

       
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。